お包み研究所の風呂敷講座 使わない茶器を風呂敷でリメイク

風呂敷は包むものの形に合わせることが出来る優れもの

今回はお家で使わなくなった茶器をアレンジしてみました。

風呂敷で簡単でできるコンテナカバーをご紹介いたします。

 

抹茶をたてるときに使用する茶器が、アレンジ一つで鮮やかな花入れに変身しました。

今回は、プリザーブドフラワーを入れて玄関に飾ったら可愛かったです。

 

焼菓子などを入れてもいいかもしれませんね(^・^)

今回は茶器を利用しましたが、もちろん陶器やカゴ・紙箱でも素敵にアレンジできます!!


では、作り方をご紹介したいと思います

用意していただくのは、

小風呂敷(サイズ:約50cm)1枚・輪ゴム2本・茶器(直径11.5cm×高さ7.5cm)1個

1、風呂敷のうらを上にして広げます。茶器を中央に置きます。

2、手前のaを茶器にかぶせます。

3、続いて奥のcをかぶせます。

4、bを持って茶器のサイズに合せて、輪ゴムで止めます。

5、続いて、dも茶器のサイズに合せて、輪ゴムでとめます。

6、bとdをそれぞれ先端までくるくるとねじっていきます。

7、bとdの先端で真結びします。(真結びの結び方はこちらをご覧下さい。)

8、お花を入れて、形を整えたら出来上がりです。

 

このまま贈り物にしても喜ばれると思いますよ♪♪


 

風呂敷通販
お包み研究所オンラインショップはこちら

 

 

 

関連記事一覧

  1. 撥水風呂敷

オンラインショップはこちらへ

お包み研究所オンラインショップ

風呂敷活用大辞典 包む・運ぶ・飾る

風呂敷活用大辞典 包む・運ぶ・飾る

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

カレンダー

1月 2020
« 12月   2月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
PAGE TOP