お包み研究所風呂敷講座 貰った風呂敷どう使う?

今回のテーマは、風呂敷の活用法

風呂敷でギフトラッピングしてあるお菓子を貰ったことありませんか?

最近は、風呂敷の良さが見直されて、こんな素敵な贈り物になるなんて・・・とっても嬉しい

 

今回、頂いた風呂敷の使い方を3種類考えてみました。

まずは、10月と言えば「ハロウィン」ですよね!!なので、「ハロウィン」を柄でトライしてみました。

 

お菓子入れのカゴをカバーしてみました。「ハロウィン」らしいかぼちゃの柄が見えるように可愛くできました。

 

秋の花「菊」の風呂敷は、ブックカバーにしてみました

秋の夜長におしゃれなブックカバーをして読書って言うのもいいかもしれませんね!!

 

四角い箱を花包みにした風呂敷を、ティシュボックスカバーにしてみました。

市販のティシュボックスもこんな風呂敷でカバーするとお部屋のインテリアとして大活躍します。

 

 


 

ティシュボックスカバーの作り方をご紹介します。

①風呂敷のうらを上にして広げ、ティシュボックスを中央に置きます。

②aとdを持ってティッシュボックスにかぶせて図の黒い部分位にセロテープを貼り固定します。

③bとcも持ち上げセロテープでとめます。aとdを下図の様に箱にそわせながら輪ゴムで固定します。

④aとdを花びらを作る様にしてそれぞれの先端を輪ゴムに通し形を作ります

 

⑤反対側のbとcも同じように花びらを作ります。風呂敷が箱にそうように、矢印方向へ両手で引っ張ります。

 

風呂敷はアイデア次第でいろいろ使い方があります

 

お包み研究所オンラインショップはこちら

 

もっと風呂敷を身近に・・・日常の役に立つ情報をお届けしています

風呂敷専門店 お包み研究所は、ワークショップを開催しています。お気軽にお問合せ下さい

 

 

 

 

関連記事一覧

  1. 夏の海
  2. 撥水風呂敷

オンラインショップはこちらへ

お包み研究所オンラインショップ

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

カレンダー

2月 2019
« 1月   3月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
PAGE TOP