お包み研究所 秋の新作!森をイメージしたfuroshiki

さて、今日は先日ふろしきの新柄の展示会が数々のありました。

数々の新柄が展示されていたのでそのうちの一つをご紹介したいと思います。

By the way, because the exhibition of the new pattern of the furoshiki is held the other day, today I want to introduce one of the pattern that many furoshikis was displayed.

こはれシリーズの森という柄です。

It is the pattern called “the forest” of the Kohare series.

素材:綿100%/サイズ:約70cm/商品代:1,000円(税抜)

この柄は、三角形が連なり果てしなく広がるイメージで作られました。

静かな森にキラキラと瞬くドットが雨や雪のような自然の恵みを表現しています。

また、和文様では、「鱗(うろこ)文様」と呼ばれ、三角形の連なる様子が龍や蛇など神聖な生き物の鱗を連想させ”再生”の意味があります。

江戸時代には、”厄除け”の文様とされ好まれました。

This pattern was made with an image that a triangle continue and spread endlessly.

Dot twinkling and sparkling in a quiet forest expresses the blessings of nature such as rain and snow.

In addition, it is called “Scales pattern” in Wa-monyo, continuing the triangle reminds the scales of holy creatures such as dragons and snakes, it means “regeneration”.

In the Edo era, it was preferred is to be a pattern of “good luck charm”.

 

商品詳細はこちらへ


風呂敷専門店 お包み研究所は、もっと風呂敷を身近に・・・日常の役に立つ情報をお届けしています

ワークショップを開催しています。お気軽にお問合せ下さい

風呂敷通販ならお包み研究所オンラインショップへ

関連記事一覧

  1. 富士山はんかち

オンラインショップはこちらへ

お包み研究所オンラインショップ

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

カレンダー

5月 2019
« 4月   6月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
PAGE TOP