お子様の晴れ舞台、「七五三」って何?

こんにちは、11月15日は「七五三」です。

私の住んでいる近所に西宮神社があり、この時期晴れ着を来たお子さまと家族がお参りにきているのを見かけます。

みなさん可愛いお着物やお洋服で参拝されるので、思わずじっと見つめてしまいます。

さて、今回は知っておくと役に立つ豆知識をご紹介します。

お子様の晴れ舞台、「七五三」って何?

「七五三」は三歳の男女、五歳の男子、七歳の女子が11月15日にお宮参りをし子供の成長を祝う行事です。

子供の成長を祝い、子供自身にもその自覚を与えるため行事。

千歳飴には、子供が元気によく成長し長生きするようにという願いがこめられています。

 

昔は医療・衛生的に未発達で乳幼児の死亡率が高く、成長する子供は幸運とされていました。

そのため「七つ前は神のうち」といわれ、7歳未満の子はまだ神に属するものとされ神がその運命を決めると考えられていました。
そこで人々は数々の儀礼を行うことで子供の無事な成長を祈りました。
そして7歳の祝いはその不安定な時期を乗り越えた節目の儀礼であったため、特に7歳の祝いを重視する地方は多かったようです。

神社で祝詞〔のりと〕をあげ、お祓いを受ける場合と、ただ参拝してお賽銭〔さいせん〕をあげて子供の成長を祈願する場合があります

正式な服装は、3歳の女子は肩揚げをした着物に、帯を結ばず「被布」〔 ひふ〕という朱赤のベストのようなものを羽織ります。
3歳、5歳の男子は紋つき羽織に仙台平〔せんだいひら〕の袴、7歳の女子は揚げをした本裁ちの着物にかかえ帯です。
ただ現在では子供が晴れ晴れとした気分でいられるよう、疲れない服装、無理のないスケジュールで祝うことが多く推奨されています。

数え年と満年齢はちがう

数え年は生まれた年の12月までを1歳とし、年が明けると2歳となる年齢の数え方
満年齢は生まれたときは0歳で、それ以降1年経つごとに1歳加齢する数え方

七五三は、数え年、満年齢のどっちで祝うの?

昔は、数え年で祝っていましたが、現在は満年齢で祝う方が増えてきているようです。


 

晴れ着姿のお子さんに持っていただきたいいいちごバッグをご紹介したいと思います。

丸っこくて可愛い形のいちごバッグは、晴れ着姿にお子さんひったりのバッグです。

 

 

 

柄:ハチドリ/色:キイロ/サイズ:約70cm/素材:綿100%/商品代:1,080円(税込)

リング:サイズ:φ約13cm/素材:アクリル樹脂/商品代:540円(税込)

 

柄:水玉/色:ピンク/サイズ:約70cm/素材:綿100%/商品代:1,296円(税込)

リング:サイズ:φ約13cm/素材:アクリル樹脂/商品代:540円(税込)

 

いちごバッグは、ちょっと難しい・・・ほどけないか心配・・・と、思われがちですが、弊社のサイトのいちごバッグ(リングバッグ)の作り方をご覧になりながら、一度チャレンジしてみてください。

お包み研究所では、バッグでも販売しております

詳しくは下のバナーをクリックしてください


 

もっと風呂敷を身近に・・・お包み研究所は日常の役に立つ情報をお届けしています

ワークショップを開催しています

どうぞお気軽にお問合せ下さい

風呂敷通販は、お包み研究所オンラインショップ

お包み研究所スタッフ一同

関連記事一覧

オンラインショップはこちらへ

お包み研究所オンラインショップ

風呂敷活用大辞典 包む・運ぶ・飾る

風呂敷活用大辞典 包む・運ぶ・飾る

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

カレンダー

3月 2021
« 2月   4月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
PAGE TOP