風呂敷専門店お包み研究所 普段でも大判の風呂敷が大活躍

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします

さて、お正月三が日は百貨店や大型ショッピングセンターに福袋などを買う人で行列していると聞きます。
あれもこれもとお買い物をしているうちに荷物が両手いっぱいになってしまうことって、ありますよねぇ・・・

そんな時に役に立つのが大判の風呂敷!(^^)!

広げた風呂敷の上に、買ったものを置きまとめて包んでしまうのです。

普段でも大判の風呂敷が大活躍します。

お買い物のエコバッグとしても大判の風呂敷が大活躍します。

実は、私の住む近くのスーパーで、とうとうレジ袋廃止になったのです。以前は、「レジ袋いりません」と言えば、2円引いてくれるシステムだったのですが、レジ袋を1枚5円で買うシステムに変わったのです。

結構これは、主婦としては痛いのです・・・  たくさんお買い物したら、たくさんレジ袋を買わないといけないでしょ・・

これを機会に、必ずバッグに大判の風呂敷を入れておくようにしています。

どの様に使うかと言いますと・・・

レジで品物の入っているカゴから空のカゴに移し替えるとき、空のカゴに大判の風呂敷を敷きます。
レジの方が風呂敷を敷いたカゴに品物を入れてくれるので、お会計の後は風呂敷の四隅を真結びして出来上がりです。

‘‘大は小を兼ねる‘‘ですので、少しのお買い物でも、たくさんのお買い物でも一枚大きな風呂敷持っていれば安心です。

エコバッグもかわいいし、小さく折りたためるものもたくさんありますが・・・大判風呂敷も意外に便利なのでぜひお試しください。

 

ちなみに大判って・・・どのくらいの大きさ?  私は、約90センチくらいのものを持ち歩いています。

冒頭写真はこの風呂敷です。

竹久夢二シリーズの90㎝のものです

 

 


伊砂文様両面風呂敷

大判風呂敷はこちらをクリック

 


お包み研究所は日常の役に立つ情報をお届けしています

もっと風呂敷を身近に・・・

ワークショップを開催しています

どうぞお気軽にお問合せ下さい

風呂敷通販は

お包み研究所オンラインショップ

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オンラインショップはこちらへ

お包み研究所オンラインショップ

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

カレンダー

8月 2018
« 7月   9月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

営業案内&アクセス

お包み研究所

〜住所〜
〒595-0044
大阪府泉大津市河原町3番35号

〜営業時間〜
10:00~17:30

定休日:第1・第3・第5土曜・日曜・祝日

〜電話番号〜
0725-21-7820

PAGE TOP