瓶2本を風呂敷で包んでしまっちゃいます。

瓶2本包みのご紹介をしたいと思います。

2本の瓶を1枚の風呂敷でキリッと包み上げ、

保護材を巻かなくても安全に持ち運び出来る包み方です。

ワインボトル2本包みなら

二巾(約70cm)の風呂敷

一升瓶2本を包むなら

三巾(約100㎝)の風呂敷がおすすめです

では、ご紹介いたします

包み方1

 風呂敷の中央にビン2本を対角線上に寝かしで置きます。

この時、瓶の間に握りこぶし一つ程度あけておきます。

Spread out on top of the back “FUROSHIKI”

Lay down on the diagonal the two bottles in the center

At this time, remain open for about one fist between the two bottles.

包み方2

aを2本の瓶に被せます。cの方向へ巻いていきます。

緩まないようにしっかり巻いてください

Cover the two bottles “a”

Wind to the direction of the “c”-

包み方3

巻終わりのcの先端が真上に来たら、

cの先端を挟み込む様に2本の瓶を矢印の方向に立てます。

When the tip of the “c” end of the winding  came to the right above,

Stand in the direction of the arrow two bottles to sandwich as the tip of the “c”

完成

bとdの先端でしっかり真結びします。

(結び目が持ち手になります)

形を整えたら出来上がりです。

Make “MAMUSUBI” firmly at the tip of the “b” and “d”

(knot will handle)

It is the completion once you fix the form.

関連記事一覧

  1. 風呂敷包み手作りプレゼント
  2. 花包み
  3. 風呂敷ラッピング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お包み研究所オンラインショップ

お包み研究所オンラインショップ

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

カレンダー

12月 2017
« 11月   1月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

営業案内&アクセス

お包み研究所

〜住所〜
〒595-0044
大阪府泉大津市河原町3番35号

〜営業時間〜
10:00~17:30

定休日:第1・第3・第5土曜・日曜・祝日

〜電話番号〜
0725-21-7820

PAGE TOP