お包み研究所風呂敷講座 やっぱり可愛い竹久夢二柄

今回、美人画で有名な竹久夢二は、

大正ロマンを象徴する画家として知られています。

また本の装丁や日用品のデザインにも力をそそぎ、

日本のグラフィックデザインの先駆者として活躍しました。

夢二のモダンなデザインが風呂敷に・・・

 

今回は、夢二柄の風呂敷のなかで

小風呂敷の面白い使い方をご紹介します


まずは、ラッピング

リバーシブルの特徴を活かして2種類のリボン包みにしました


冬の花の椿をモチーフにした柄です。

 

花包み

花包みにしてみました。

包み方はこちらをご覧ください。

巾着

リバーシブル風呂敷でつくる巾着

 

表面柄も裏面柄も椿の小ふろしきで巾着包みにしました。

包み方はこちらをご覧ください。


また、このような使い方もできます。

お弁当を包んでみてはいかがでしょうか?!

お弁当箱包みは、お使い包みになります。包み方はこちらをご覧ください。


そして、またこのような使い方もあります。

ブックカバーです。

人とは違ったブックカバーにしてみてはいかがでしょうか?


では、ブックカバーの作り方をご紹介いたします。

①小ふろしきを下図の様に広げて置きます。bとcを持って矢印の方向へ折りたたみます。

(この時、本のサイズに合わせます)

②aとdを持ってbとcにかぶせるように折りたたみます。

③aとdを下図の点線の位置まで、外側に折り返します。

④③の工程をすると下図の様な形になります。

⑤④をひっくり返して、本を中央に置きます。a’とb’の輪の部分に表紙を差し込みます。

⑥続いてc’とd’の輪の部分にもう片方の表紙を差し込みます。

⑦形を整えたら出来上がりです。

 

 

風呂敷通販なら
お包み研究所オンラインショップ

夢二の風呂敷をお探しならこちらへ

関連記事一覧

オンラインショップはこちらへ

お包み研究所オンラインショップ

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

カレンダー

4月 2019
« 3月   5月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
PAGE TOP