お包み研究所風呂敷講座 冬至って何?

12月と言えば「冬至」って言う言葉を聞きますが、

そこで、ちょっと「冬至」について調べてみました。

「冬至」とは、二十四節気の一つで、旧暦十一月子(ね)の月の中気で、

新暦の12月22~23日頃だそうです。

北半球では、太陽の高さが一年中の中で最も低くなります。

そのため昼が一年中で1番短く、夜が長くなります。

この日は、冬至かぼちゃを食べ金運を祈り

冬至風呂(柚子湯)に入って無病息災を祈る行事があります。

“冬至かぼちゃ”とは・・・

江戸時代中期からのお話で当時、

冬場に野菜がとぎれてビタミン類が不足するので、

風邪や中風の予防にかぼちゃを

冬至に食べる風習が根付いたといわれています。

かぼちゃの栄養成分は、カロチンを多く含んでいることです。

カロチンは、体内でビタミンAにかわって肌や粘膜を丈夫にし、

感染症などに対する抵抗力をつけてくれるそうです。

だから「冬至」にかぼちゃを食べると風邪をひかないといわれているんですね!!

なるほど

冬至風呂(柚子湯)”とは・・・

ゆずに含まれている芳香成分の精油の働きによるものです

ゆずの精油には、ピネン・シトラール・リモネンなどの物質があり、

新陳代謝を活発にして血管を拡張させて血行を促進するので、

体が温まり風邪も治りやすいといわれています。

柚子湯に入ると肌がスベスベになる美肌効果があったり、

冷え性やリュウマチにも効果があるといわれています。

何故・・・冬至に風呂なんでしょうねぇ?!

冬至の読みは「とうじ」です。

湯につかって病を治す「湯治(とうじ)」にかけているんだそうです。

そして、「柚子(ゆず)」は、

「融通(ゆうずう)が利(き)きますように」と言う願いが込められているそうです。

何かダジャレのようですねぇ~


さて、日本は季節のある美しい国。

いかなる物事にも季節感を取り入れ大切にしてまいりました。

日々の生活を季節の話題で飾る

極寒の時期に咲くお花は?って、考えると 「椿」が思い浮かびます。

「椿」

春の訪れを告げる聖なる木として昔から親しまれてきました。

日本古来種。椿の成長はとてもゆっくり。

これが、長生きするという意味でもあります。

弊社で取り扱っております風呂敷を紹介したいと思います。

柄:つばき/色:ホワイトグレー サイズ90㎝

竹久夢二シリーズ 詳細はこちらをクリック

京の両面おもてなし風呂敷/104㎝と50㎝があります

リバーシブル風呂敷

大判風呂敷は、品物を包むのはもちろんのことですが、

エコバッグにして自分使い用としても大活躍します・・・

約50cmの風呂敷は、

お弁当箱やペットボトルカバーなど自分使い用に大活躍!!


 

お包み研究所は日常の役に立つ情報をお届けしています

もっと風呂敷を身近に・・・

ワークショップを開催しています

どうぞお気軽にお問合せ下さい

 

風呂敷通販は

お包み研究所オンラインショップ

関連記事一覧

  1. ハレ包みシリーズ

オンラインショップはこちらへ

お包み研究所オンラインショップ

風呂敷活用大辞典 包む・運ぶ・飾る

風呂敷活用大辞典 包む・運ぶ・飾る

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

カレンダー

4月 2021
« 3月   5月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
PAGE TOP