3月3日は雛祭り。お雛様を飾る時期がある?

今回は、3月3日の雛祭りについて書いていきたいと思います。

皆様ご存知の通り、雛祭りは女の子の節句!桃の節句とも言われています。

雛人形をかざり、菱餅・白酒・桃の花などをそなえる年中行事です。

雛人形は、節分が終わり、立春(2月4日)頃から、遅くても2月24日迄に飾り付けるのが一般的と言われています。

雛人形は、子どもの身代わりとなり、事故や病気から守ってくれ、子どもの健やかで幸せな成長を祝うために飾ります。姉妹がいる場合、子どもの災厄を身代わりの雛人形は、(本来ならば)兼用を避け、それぞれ別のものを飾らなければならないとされているが、近年の住宅事情では難しいのので、地域によっては、妹に市松人形を贈る習慣もあります。

そして、節句3月3日が終わると、すぐ片付けなければならないと聞きます。

雛人形は、節句が終わったらすぐに片付けたほうが良いとされています。雛人形は子どもの災厄を身代わりとなって守ってくれるため、長い間身近においておかないで早くしまわなければ縁起が悪いと言われています。

また、「雛人形の片付けが遅れるとお嫁に行くのが遅くなる」とも言われています。

いつまでも雛人形を飾っておくと梅雨も近づき、カビの心配もあることから「片付けも満足に出来ないようではきちんとした女性になれない、良いお嫁さんになれない」という戒めの為とも言われています。

私も、子どもの頃よく母親に言われました。今ではもうお雛人形を飾ることはありませんが、可愛いお雛様柄のふろしきをタペストリーにして飾っています。

 


お雛様の絵柄の小風呂敷は

お部屋のインテリアにぴったり(^_-)-☆

また、雛あられなどをこの様に風呂敷ラッピングしてプレゼント・・なんていかがでしょうか

巾着

作り方はこちらへ

 


日常の役に立つ情報をお届しています

もっと風呂敷を身近に・・・

お包み研究所は、ワークショップを開催しています

お気軽にお問合せ下さい

 

 

関連記事一覧

  1. ポリエステル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オンラインショップはこちらへ

お包み研究所オンラインショップ

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

カレンダー

12月 2018
« 11月   1月 »
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

営業案内&アクセス

お包み研究所

〜住所〜
〒595-0044
大阪府泉大津市河原町3番35号

〜営業時間〜
10:00~17:30

定休日:第1・第3・第5土曜・日曜・祝日

〜電話番号〜
0725-21-7820

PAGE TOP