お包み研究所 風呂敷講座 夏の花の花言葉

ポリエステル

さて、今回のブログは「夏の花」とその花言葉について書いていきたい思います。

まずは、朝顔です。

花言葉は・・・

愛情、平静、結束、短い愛、はなかい恋、

 

日本へは、奈良時代もしくは平安時代に薬用として渡来したとされ、現在も漢方薬として使われています。

江戸時代にブームが起こり、品種改良・交配が進んで、多種多様な品種が作り出されました。

原種の花の色は、薄い青色とされています。

では、朝顔の柄は手ぬぐいをご紹介しますね。

kenema 影簾


 

続いて蓮の花です。

蓮の花

蓮の花の花言葉・・・

雄弁、休養、沈着、神聖、清らかな心、はなれゆく愛

弥生時代の地層から発見された種が、2000年の時を越えて発芽した「大賀ハス」が有名。

夏の早朝に開花し芳香を放ちます。

開花中は、3~4日間に渡って規則的(早朝開花→昼頃に閉じる)に花びらの開閉を繰り返します。

 

生まれたばかりのお釈迦様が歩き出しその足跡から咲いたのがハスの花だそうです。

そしてお釈迦様は、ハスの花の上に立ちこの世での第一声「天上天下唯我独尊」と声を上げたと伝えられています。

その意味は

「天の上にも天の下にも、ただ、我々人間だけが果たせる尊い使命がある」

 

ポリエステル

ポリエステルの風呂敷 ここをクリック

 

ご紹介した商品は、

柄が素敵なのでお部屋のインテリアや、タペストリーなどにしていただいても良いと思います。

 

折りたたみ式タペストリー棒(風呂敷を飾る棒)があれば

1月ごとに風呂敷を入れ替えるのもを

カレンダーめくるように楽しいものです。

使わないときは、コンパクトになるので便利ですよ~

詳しくはこちらをご覧ください

お包み研究所では

毎月絵柄が違う風呂敷をご用意しています

その時々の柄でお部屋にかざりませんか?

風呂敷はこちらをクリック

 

 


日常の役に立つ情報をお届けしています

もっと風呂敷を身近に・・・

お包み研究所は、ワークショップを開催しています

お気軽にお問合せ下さい

風呂敷通販ならお包み研究所オンラインショップへ

 

 

 

関連記事一覧

オンラインショップはこちらへ

お包み研究所オンラインショップ

風呂敷活用大辞典 包む・運ぶ・飾る

風呂敷活用大辞典 包む・運ぶ・飾る

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

カレンダー

12月 2019
« 11月   1月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
PAGE TOP