お包み研究所風呂敷講座 風呂敷で防災グッズ

災害はいつ起こるかわかりません。みなさん防災グッズの点検していますか?

私たちも、突然起こる災害のために『防災グッズ』を日頃から、身近に置いておくように心がけております。

衣かえのように、中身の入れ替えをするのはとても大切です。

保存用食料品も賞味期限があるので、こまめにチェックする必要があります。

お手持ちのリュックに『防災グッズ』を入れておいても良いと思いますが、風呂敷リュックもなかなかのアイデアなんですよ

一つのセットに家族分入れるのは大変重い。家族それぞれの防災グッズを持って非難できればいいですね。

風呂敷は包む事はもちろんのこと、敷物や日よけ・ちょっとした雨よけにもなります。

また、敷布やタオルケットの代わりにもなる万能な布です。


下記の写真(夏用)は一例ですが、

風呂敷・水・カンパン・救急セット・缶きり・虫除けスプレーや蚊取り線香・ラジオ付懐中電灯・乾電池・ビニール袋・レジャーシート・ロープ・軍手・マッチなど。

その他、非常用トイレ・カセットコンロなど、後水不足になるので、紙製のコップやお皿・サランラップも必要だと思います

最近はペットを飼われている方が多いと思いますが、ペットは避難所に入れないので、非難グッズのそばにテントのようなもの(最近では、ワンタッチでテントになるものがあります。)を一緒に置いておくと便利かと思います。もちろんペット用品(ペットの餌・オムツ・おやつ)も別の入れ物に保存して置く必要があります。


今回は、出来るだけたくさんのグッズを入れるために、2枚の大判風呂敷(サイズ約104cm)で作るリュックをご紹介します

2リットルのお水2本が入っています。女性でも背負う事ができました。

つくり方

①大判サイズ(約104cm)ふろしきを2枚使用します。

そのうち一枚でショルダーの部分を作ります。風呂敷を上図の様に広げます。

②aとcを①の図の点線の巾で折りたたみます。

③リュック本体にする風呂敷を上にして広げます。風呂敷の中央に防災グッズを置いてからeとgを重ねるように矢印の方向へ持ち上げます。

④eとgを一回深く結びます。

⑤eとgの結んだ上にショルダー用の風呂敷をのせます。その上からeとgを真結びします。

⑥bとf、dとhをしっかりと真結びします。形を整えたら完成です。

家から持ち出すときに、背中に背負って、現地に着いたら風呂敷を解けばシートになります。

ここで大切なのは結び方です。重たいものを運ぶとき結び目が解けてしまってダメです。

正しい結び方をマスターしておきましょう

真結びはこちらをご覧ください

撥水風呂敷なら、アウトドアにも安心して使えます

風呂敷通販
お包み研究所オンラインショップはこちら

風呂敷リュックに最適な風呂敷はこちらをご覧ください

常の役に立つ情報をお届けしています

もっと風呂敷を身近に・・・

風呂敷専門店 お包み研究所は、ワークショップを開催しています。お気軽にお問合せ下さい

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オンラインショップはこちらへ

お包み研究所オンラインショップ

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

カレンダー

12月 2018
« 11月   1月 »
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

営業案内&アクセス

お包み研究所

〜住所〜
〒595-0044
大阪府泉大津市河原町3番35号

〜営業時間〜
10:00~17:30

定休日:第1・第3・第5土曜・日曜・祝日

〜電話番号〜
0725-21-7820

PAGE TOP