お包み研究所 風呂敷講座 もみじの柄でラッピング♪

私たちお包み研究所がある地域では、紅葉は11月ごろだと思います。
毎年近場ですが、紅葉を観に行き写真をパシャパシャ撮っています。
今年も楽しみしているんですよ◎

紅葉と言えば、もみじですよね!!

紅葉は、「こうよう」とも「もみじ」とも読みます

紅葉「こうよう」は、

木々が冬に備えて落葉する前に、葉が”紅”や黄色に変わる状態のことを言うそうです。

「もみじ」は、

カエデ科の植物で、特に色が変わるものを「もみじ」と呼ぶそうです。

同じ漢字なのに、まったく読み方が違うのですね。

ちょっと、ややっこしいですね

もうひとつ、

紅葉(もみじ)狩り?

秋が深まると、「紅葉狩りに行ってきました~」というお話を耳にします!

春、桜を見に行くときは「お花見」っていうのに

秋、紅葉を見る時は「もみじ狩り」?

どちらも、自然をめでる催しなのに言い方が違うのです。

”狩り”ってなんでしょ?

果物を採るときに「イチゴ狩り」「ぶどう狩り」っていいますね。

それが、草花を眺めるという意味でも「狩り使うようになったそうな・・・・

では、「桜狩り」もありかなぁ~

いずれにしても、季節の移り変わりの美しさを

眺めることができるのは、四季があるからこそで、

とても贅沢なことですね!


さぁ~今回は、もみじの柄で小さめの箱をラッピングしてみました。

横6.5cm×高さ13cm×巾6.5cmの箱をアレンジ包みにしました。
もう一つは、横13.5cm×高さ7cm×巾10cmの箱を花包みにしました。
もみじの柄で風呂敷包み!

包み方1

①ふろしきのうらを上にして広げ、中央に箱を置きます。

包み方2

②a・b・cを箱にそわせるように集めて持ち上げます。
次に、dを図のように、集めたa・b・cにくるっと1回まわしてひとつ結びします。

包み方3

③ 形を整えたら出来上がりです。

続いて、花包みの包み方はこちらをご覧下さい。

今回使用した風呂敷は
柄:もみじ/サイズ:約50cm/素材:綿100%/参考商品

 

この季節に使って頂たい風呂敷は

お包み研究所のオンラインショップ

関連記事一覧

  1. 風呂敷包みの引出物

オンラインショップはこちらへ

お包み研究所オンラインショップ

風呂敷活用大辞典 包む・運ぶ・飾る

風呂敷活用大辞典 包む・運ぶ・飾る

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

カレンダー

9月 2020
« 8月   10月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
PAGE TOP