神無月のお留守番の神様って?

10月は全国の八百万の神様が、出雲大社(島根県出雲市)に集まる???

その為、神様が出かけてしまう国では、神様がいないので「神無月」と言われ

反対に出雲の国では神様がたくさんいらっしゃるので「神在月」と言われているそうです。

出雲の国に集まった神様は、

人の運命や縁(誰と誰を結婚させようか)などを話し合います。

また、来年の天候、農作物や酒の出来なども話し合われているそうです。

 

十月いっぱい島根県以外は、全国的に神様がいなくなってしまうんですね。

 

神様がいなくなってしまった地方には、1か月間神様が不在だなんて、ちょっと心配ですよね!

でも、その心配はいらないようです。

なぜって?

それは「留守神様」がおられるからだそうです。
■留守神様って?
全ての神様が出雲に出かけてしまうのではなく、留守番をする神様がいます。

代表的な神様が「恵比須神」(えびすしん)。

またその他には「金毘羅神」(こんぴらしん)、

「竈神」(かまどしん)、「道祖神」(どうそじん)などがいます。

こうした留守神様を祭るために、十月に「恵比須講」(えびすこう)を行う地方も多くあります。
多くの神様が留守の間にも、ちゃんと留守神様が私たちを守ってくれているんですね。


ではここで、

神様が描かれた風呂敷がありますので、ご紹介しますね。

 

風呂敷にも、七福神をモチーフにした縁起の良い柄があるのです。

とってもユニークな風呂敷です。

 

詳細はこちらをご覧ください

柄:七福神/サイズ:約70cm/商品代:1,500円(税抜)

 


日常の役に立つ情報をお届しています

もっと風呂敷を身近に・・・

お包み研究所は、ワークショップを開催しています

お気軽にお問合せ下さい

風呂敷通販ならお包み研究所オンラインショップへ

 

 

 

関連記事一覧

オンラインショップはこちらへ

お包み研究所オンラインショップ

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

カレンダー

3月 2019
« 2月   4月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
PAGE TOP