お包み研究所 風呂敷講座 袱紗(ふくさ)について

袱紗(ふくさ)のお話していきますね。

実は、袱紗(ふくさ)はいろいろな種類があります。

儀礼用の掛け袱紗

袱紗(ふくさ)は、絹・縮緬などで一重または表裏二重に作り、無地や吉祥柄などの刺繍を施した物です。

広蓋や切手盆(黒塗りのお盆)に進物を置きその上から掛け袱紗を置いて先様にお持ちします。

四方に亀房がついた袱紗になります。


切手盆と掛袱紗のセット

【袱紗の由来】

袱紗は元々は貴重品などが収蔵された箱上に掛けられていた風呂敷です。

その風呂敷が、贈答品を運ぶ時の汚れや日焼け防止として用いられるようになり、

1枚の布地から裏地付きの絹製で作られました。

そして四方に亀房と呼ばれる房付きのものに変わり、

慶弔行事の金品を贈る時の儀礼や心遣いとして用いられるようになりました。

塩瀬 袱紗

袱紗掛けるもう一つの意味は

大切なものに息を吹きかけないようにするためなのです。

結納式に袱紗をかけるものこの様な理由からなのだそうです。

その他の袱紗の種類

袷袱紗

袷(あわ)せとは、着物で言うと「裏地をつけて仕立てた着物」のこと指しますが

「袷袱紗」も同じことです。こちらも裏地は表地に控えて縫製します。

商品の詳細はこちらをご覧ください

 

 

金封袱紗

商品の詳細はこちらをご覧ください

おさいふのような形状しているので、熨斗袋を挟み込んで使います。

使い方は、金封袱紗の上に金封を乗せて先様に差し出します。

 

ちりめんや絹製の小風呂敷

小風呂敷の袱紗包みは

慶事と弔辞で包み方が違います

慶事と弔辞の袱紗包みはこちらをご覧ください

 

何故袱紗を使うの

熨斗袋の水引きがくずれたり袋がしわになることを防ぐ事や先方の心中や祭礼を重んじ、

喜びや悲しみを共にする気持ちを表わしています。

熨斗袋で金封した上でなおかつ袱紗で包むというきめ細やかな心遣いとも言われています。

袱紗の色は?

慶事(祝儀)には、紫色・赤色・朱色・エンジ色等赤系統色が良いとされています。

弔事(不祝儀)には、紫色・緑色・紺色・藍色・鼠色など青系統色が良いとされています。

紫色に関しては、慶弔共通で使用できるので、

紫色の袱紗を1枚持っていたら便利です。

 


日常の役に立つ情報をお届しています

お包み研究所では、別誂の慶弔セットを取り扱っております

お気軽にお問合せ下さい

風呂敷通販ならお包み研究所オンラインショップへ

 

 

 

関連記事一覧

  1. 風呂敷イメージ
  2. 風呂敷包み
  3. 宝づくしの柄

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お包み研究所オンラインショップ

お包み研究所オンラインショップ

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

カレンダー

12月 2017
« 11月   1月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

営業案内&アクセス

お包み研究所

〜住所〜
〒595-0044
大阪府泉大津市河原町3番35号

〜営業時間〜
10:00~17:30

定休日:第1・第3・第5土曜・日曜・祝日

〜電話番号〜
0725-21-7820

PAGE TOP