冬至(とうじ)に「ん」のつくものを食べる!

日本には昔から今に受け継がれている多くの伝統や行事がありますが、

以外にその意味や詳しい内容まで知っているという人は少ないのです。

冬至には、なぜカボチャを食べたり、柚子湯に入るのでしょう?

冬至と言うと、毎年のようにニュースで柚子湯に入ったりカボチャを食べるシーンが放送されますよね!
では一体なぜ、冬至ではカボチャを食べたり柚子湯に浸かるのか、ご存知ですか?

 

意味を理解していれば、過ごし方や感じ方も変わってくると思いませんか?

 

冬至に何故かぼちゃを食べるの?その由来は?

冬至は、一年でもっとも太陽の力が弱まる日ですが、

以後は再び太陽の力が強くなる事から「一陽来復」と言って、

この日を境に運が上向くとされていました。

そして、さらに運がよくなるようにと「ん」がつく物を食べていたのです。

これを「運盛り」と言います。

、だいこ、に、ぎ、き、か、うどです。

これら「ん」が入る物として好んで食べられていたとされています。

では、かぼちゃはどうなのでしょう?「ん」はついていない???

かぼちゃは漢字で書くと「南瓜(な)」となります。

「ん」が2つ付いているのです。


 

冬至風呂(柚子湯)”とは・・・

ゆずに含まれている芳香成分の精油の働きによるものです

ゆずの精油には、ピネン・シトラール・リモネンなどの物質があり、

新陳代謝を活発にして血管を拡張させて血行を促進するので、

体が温まり風邪も治りやすいといわれています。

柚子湯に入ると肌がスベスベになる美肌効果があったり、

冷え性やリュウマチにも効果があるといわれています。

何故・・・冬至に風呂なんでしょうねぇ?!

冬至の読みは「とうじ」です。

湯につかって病を治す「湯治(とうじ)」にかけているんだそうです。

そして、「柚子(ゆず)」は、

「融通(ゆうずう)が利(き)きますように」と言う願いが込められているそうです。

何かダジャレのようですねぇ~


意味がわかったところで、

かぼちゃを食べて、ゆず湯に入ってみてはいかがでしょうか・・・

 

お風呂に入るときは、タオルもいいけど、是非手ぬぐいを使ってみてくださいねぇ~

弊社にも数多数手ぬぐいを取り揃えております。

お包み研究所スタッフ一同

 

 


お包み研究所は日常の役に立つ情報をお届けしています

もっと風呂敷を身近に・・・

ワークショップを開催しています

どうぞお気軽にお問合せ下さい

風呂敷通販は

お包み研究所オンラインショップ

関連記事一覧

  1. 風呂敷包み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オンラインショップはこちらへ

お包み研究所オンラインショップ

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

カレンダー

10月 2018
« 9月   11月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

営業案内&アクセス

お包み研究所

〜住所〜
〒595-0044
大阪府泉大津市河原町3番35号

〜営業時間〜
10:00~17:30

定休日:第1・第3・第5土曜・日曜・祝日

〜電話番号〜
0725-21-7820

PAGE TOP