お包み研究所風呂敷講座 ゆかたに合うハンドメイドバッグ!!

風呂敷を使ってカゴを可愛くリメイク

お祭りや花火大会と言えば、ゆかたを着ている人を大勢見かけます!

最近は、ゆかたの種類もたくさん。今年は、ゆかたを着てみようかなぁと思ったりしています。

ゆかたには、和装のバッグを持つんだけれど、わざわざ買うのももったいない・・・夏だけだから。

と思っている方に、そこで!ハンドメイドの風呂敷バッグをご紹介します

お菓子が入ったカゴを使ってバッグを作ってみました。

竹久夢二デザインの中でも、ピンクの水玉模様の風呂敷を使ってカゴを可愛くリメイク

この風呂敷はこちらをクリック

風呂敷は、ものの形に合わせるのが得意!とっても役に立つアイテムなのです


■カゴバッグの作り方

用意するもの

幅25cm×高さ17cm×マチ幅10cmのカゴ・約70cmの風呂敷・直径3cmのリング2個

①ふろしきのうらを表にして三角に折ります。

 

②dの辺を端から約10cm位のところを持ちます。

 

 

③dの持ったところで、ひとつ結びをします。

 

④bも先端から約10cmくらいのところでひとつ結びをします。

 

⑤aとcをもちながら、表側を出すようにひっくり返します。

 

⑥カゴを入れます。

 

⑦カゴを固定する為に、bとd(ひとつ結び)の先端を図の様に真結びします。

 

⑧カゴと風呂敷を密着させます

 

⑨aとcの先端にそれぞれリングを通します

 

 

⑩リングを通した後、aとcの先端を真結びします。(持ち手になります。)

形を整えたら出来上がりです。

中にカゴが入っているので、お財布や携帯などを入れてもバッグの形が崩れません。是非一度ためしてみてくださ~い!♪♪

 

綺麗につくるポイントは、真結びとひとつ結び、これをマスターすれば、怖いものなしです!

結び方はこちらをクリック

 


風呂敷専門店お包み研究所は、日常の役に立つ情報をお届けしています

もっと風呂敷を身近に・・・

ワークショップを開催しています。どうぞお気軽にお問合せ下さい

 

風呂敷通販ならお包み研究所オンラインショップ

 

関連記事一覧

オンラインショップはこちらへ

お包み研究所オンラインショップ

風呂敷活用大辞典 包む・運ぶ・飾る

風呂敷活用大辞典 包む・運ぶ・飾る

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

カレンダー

12月 2022
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
« 11月   1月 »

定休日

2017年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

PAGE TOP