高野山へ行く、極楽橋駅は何もない。。。

今日のブログは秋のプチ旅行のお話

鉄道ファンの夫のお供で世界遺産「高野山」のアクセス駅、「極楽橋」に行ってきました。

 

 

 

駅名の由来となった「極楽橋」は、かつて高野山参詣の主要ルートのひとつとして賑わった街道筋にあります。

この駅から極楽橋を渡り不動坂を登って行くと、女人堂を経て山内の中心部へ。

極楽橋周辺は、豊かな自然が残る高野山国有林です。

 

 


今回の旅の目的は

極楽橋駅から出ている高野山へのアクセス

ケーブルカーを見に行くこと。

撮り鉄の夫にとってはワクワクする1日に・・・

 

橋本駅から、高野山までは、カーブも多く、どんどん上がっていきます。

ここで、観光列車「天空」に乗って行きたいところなのですが、

思いつきの行動の為、天空の乗車はかなわず

普通電車でケーブルカーのある「極楽橋」をめざします。

 

ようやく極楽橋駅に到着!

 

 

ちょっと小腹がすいたのでコンビニを探しましたが

それが甘かった~

駅の外はなんにもありませーん。

自然に包まれています。

 

 

夫は、どんどんケーブルの方へ

この渡り廊下の先に、それはあります。

 

 

 

 

 

高野山ケーブルカーは4代目! スイス製なんです。

4代目高野山ケーブルカー
極楽橋駅~高野山駅の間、全長0.8㎞、高低差328mを約5分で一気に上ります。
2編成あるケーブルカー車内天井にも極楽鳥や宝来が施されています。

 

 

帰りはZOOM CAR 特急こうやで帰途につきます。

 

出発時間待ちで、観光列車「天空」が・・・・

私も撮り鉄ちゃんになってました(笑)


〜ちょっと小旅行もいいかも〜

パートナーの趣味に付き合うことで

新たな体験ができました。

 

高野山へのアクセスはこちらです。

 

 

 

 


オリジナル商品の製作を検討している方へ・・・

こんな不安を持っていませんか?

「一個人が、ゼロからグッズを作る時…
少ない数でも相手にしてもらえるのか?

希望通りの物が出来るのか?(届いたら、こんなはずじゃなかった…😢とか。)

そもそもどこに依頼すれば良いのか?色々、不安ですよね〜!」

そんな私の話しを親身に聞いて下さり、一緒にかわいいを形にして下さった
「お包み研究所」さん @otsutsumi

本当にありがとうございました❤️」 (井上様のインスタグラムからの抜粋)

 

 

私どもは、お客様とともに一緒に形にしてまいります。

まずは、こんなことがしたい という思いを教えてください。

なにか、お困りのことがございましたら

お気軽にお問い合わせください。

 

 


お包み研究所では

あらゆるサイズの風呂敷、切手盆、金封袱紗等を取り揃えています。

ぜひ、お越しください。

お店はこちらです。

大阪府和泉市和気町3丁目1番22号
 

 

風呂敷通販
「お包み」楽天市場店はこちら

 

 

お包み研究所は日常の役に立つ情報をお届けしています

もっと風呂敷を身近に・・・

風呂敷専門店 お包み研究所は、

風呂敷や手ぬぐいでラッピングを推奨しています。

包みたい品物をそのまま当店にお持ちください

プレゼントにピッタリの風呂敷でラッピングさせて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。

風呂敷の使い方をもっと知りませんか?

ワークショップについてもっと知りたいかたは画像をクリック↓

 

関連記事一覧

  1. 2.18アイキャッチ

オンラインショップはこちらへ

お包み研究所オンラインショップ

風呂敷活用大辞典 包む・運ぶ・飾る

風呂敷活用大辞典 包む・運ぶ・飾る

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

カレンダー

12月 2022
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
« 11月   1月 »

定休日

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

PAGE TOP