お包み研究所の風呂敷講座 風呂敷でコンテナカバー

風呂敷で簡単でできるコンテナカバーをご紹介いたします。

お部屋に観葉植物を置くとき、植木鉢をそのまま置くのもいいけど、

ちょっと味気ない感じがしますよねぇ?・・・

そういう時は、コンテナカバーを付けてみてはいかがでしょうか・・・

今回ご紹介するコンテナカバーは、小さめの観葉植物なので、

約45cmの風呂敷でカバーを作りましたが、植木鉢の大きさによって

使用する風呂敷の大きさは変わりますが、包み方は同じです。


コンテナカバーの包み方

①用意するもの。風呂敷又はハンカチの約45cm

・直径11cm高さ11cmの鉢の観葉植物

②風呂敷のウラを上にして広げて鉢を中央に置きます。

③aとbを鉢にそわせながら持ち上げて鉢のへりの上で真結びします。

④③と同様にcとdも鉢のへりの上で真結びします。

形を整えたら完成です。

受け皿ごとカバーをするので、いちいち風呂敷を外さなくてもお水をあげることができます。

ハンカチサイズ(約50センチ)の小風呂敷は、

お弁当包みやペットボトル包みやさらに小コンテナカバーができます。

風呂敷一枚あれば、色々な用途に利用できます。

柄も季節感にあったものやかわいらしいものなど様々あり、

その日の気分で柄をかえていくのも楽しいですね!

風呂敷通販
お包み研究所オンラインショップはこちら

関連記事一覧

  1. 撥水風呂敷

オンラインショップはこちらへ

お包み研究所オンラインショップ

風呂敷活用大辞典 包む・運ぶ・飾る

風呂敷活用大辞典 包む・運ぶ・飾る

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

南海電鉄コラボグッズ・電鉄プラス

カレンダー

10月 2020
« 9月   11月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
PAGE TOP